久光製薬 フェイタス メディカル 即出荷 サポーター ひざ用 1枚 Mサイズ ブラック 左右共用 セール商品

久光製薬 フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ 左右共用 ブラック (1枚)

ダイエット・健康 , 健康グッズ , 矯正グッズ , サポーター , 膝用,左右共用,メディカル,ブラック,久光製薬,rabbisarko.org,Mサイズ,ひざ用,サポーター,(1枚),/cumidin914344.html,フェイタス,990円 久光製薬 フェイタス メディカル 【即出荷】 サポーター ひざ用 1枚 Mサイズ ブラック 左右共用 990円 久光製薬 フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ 左右共用 ブラック (1枚) ダイエット・健康 健康グッズ 矯正グッズ サポーター 膝用 ダイエット・健康 , 健康グッズ , 矯正グッズ , サポーター , 膝用,左右共用,メディカル,ブラック,久光製薬,rabbisarko.org,Mサイズ,ひざ用,サポーター,(1枚),/cumidin914344.html,フェイタス,990円 990円 久光製薬 フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ 左右共用 ブラック (1枚) ダイエット・健康 健康グッズ 矯正グッズ サポーター 膝用 久光製薬 フェイタス メディカル 【即出荷】 サポーター ひざ用 1枚 Mサイズ ブラック 左右共用

990円

久光製薬 フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ 左右共用 ブラック (1枚)



リニューアルに伴いパッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


名 称フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ ブラック 左右共用
内容量1枚
特 徴◆リハビリテーション医学理論の「ガード構造」でぐらつき抑制!

◆リハビリテーション用装具(補助器具)の「支柱(副え木)」から発想した、独自の『ガード構造』!
チタン合金配合素材の「チタンガード」採用

◆「チタンガード」採用
競泳用の「高速水着」と同じ製法で作られた、「薄く、軽く、頑丈な」チタン合金配合素材「チタンガード」を採用。この「チタンガード」をひざの上下左右に使用することでひざ関節をしっかりと圧迫・保温し、ズレを抑え、ひざ関節のぐらつきを抑制します。

◆超薄・伸縮素材
薄さ約0.6mmの通気性に優れた「超薄・伸縮素材」を、ひざの前面に採用。ひざ関節にフィットし、快適な動きやすさを実現。

◆屈曲デザイン
ひざを少し曲げた角度で縫製した「屈曲デザイン」なので、曲げることの多いひざ関節にフィットし、曲げ伸ばしもスムーズです。

◆サイズの選び方 ひざ頭周囲を測ってください。
Sサイズ ひざ頭周囲30~34cm
Mサイズ ひざ頭周囲33~37cm
Lサイズ ひざ頭周囲36~40cm
LLサイズ ひざ頭周囲39~43cm
区 分サポーター/日本製
ご注意【使用上の注意】
●ねんざ、骨折、傷、湿疹などの異常や末梢血行障害のある人、化繊やゴム素材などにアレルギーのある人は使用しないでください。
●ひざ以外の部位には使用しないでください。
●サイズの合わないものは使用しないでください。
●就寝中は使用しないでください。
●痛み、かぶれ、傷、うっ血など身体に異常を感じた場合には直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
●長時間の使用ならびに使用状況によって、破損や接着部のズレが生じた場合は、直ちに使用を中止してください。
●機能のあらわれ方には個人差があります。

【保管及び取扱い上の注意】
●火の近くや高温になる場所には置かないでください。
●製品の特性上、部分的に強い力が加わったり、爪などで引っ掛けると、引きつれたり、破れる恐れがありますのでご注意ください。
●着用中、摩擦等により他のものに色移りすることがあります。
●洗濯に際して、表示されている内容をご確認ください。
●洗濯には中性洗剤をご使用ください。
●洗濯中、色落ちすることがありますので、白または淡色物とは別に洗ってください。
●アイロン、塩素系洗剤は使用しないでください。
●タンブラー乾燥はお避けください。

◆本品記載の使用法・使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい。
販売元久光製薬株式会社 佐賀県鳥栖市田代大官町408番地
お客様相談室 電話:0120-133250
広告文責株式会社ツルハグループマーチャンダイジング
カスタマーセンター 0852-53-0680

JANコード:4987188123676

久光製薬 フェイタス メディカル サポーター ひざ用 Mサイズ 左右共用 ブラック (1枚)

おすすめ

LINE BLOG公式アカウント@lineblog
公式アカウントと友だちになると、新しく追加される有名人ブログの情報が届きます。LINEならではの連動企画のご紹介もしていきます。
@lineblog QRコード